>  > 風俗に自分の自慰を合わせている

風俗に自分の自慰を合わせている

風俗は気分ではなくて、計画的に楽しむようにしているんですよ。その理由はやっぱり気持ち良くなりたいっていうのがあるんですよね!せっかくお金を払って風俗に行くんですから、イマイチだったら勿体ないじゃないですか。むしろ物凄い快感っていうか、風俗でなければ味わう事が出来ないような快感をこそ味わいたいって言うのがあるので、風俗には最低でも自慰を三日間はしないでから行くようにしています。それだけで結構自分のモノが敏感になっているんですよ(笑)だから快感が全然違ってくるんです。これだけでも結構違ってきますからね。これってそこまで大きな事ではないのかもしれないですけど、自分にとってはかなり大きな事です(笑)ただ気持ち良くなるだけではなくて、最高の快感を味わいたいって思ったら、最低でも三日間くらいは自慰を控えて、その日のために感度を集中させるんですよ(笑)それくらいやると本当に物凄い気持ち良い時間になるんですよね!

気持ちの良いスマタで発射です

ベッドの上でのプレイが続いています。可愛いデリヘル嬢が何度も絶頂を迎えて、雄叫びをあげながら私にしがみついてきます。つられるように私もエクスタシーの頂点へ向かいます。そしてガマン出来ずに、デリヘル嬢のお腹からおっぱいへザーメンを大量発射です。正常位スマタで女の子の股間へカチカチにフル勃起したちんこをこすりつけるようにピストンしさらに強く抱きしめて、股間の肉厚まで利用してちんこをさらにこすりつけます。そんなちんこの先っぽは常にクリトリスを刺激し続けて、女の子が感極まって先に逝ってしまい、その後を追うように私も一気にザーメン大発射となったのです。これはスマタのテクニックがとても大事でここまでインサート感に似たようなスマタができる女の子はなかなかいないので、貴重な存在ですよ。表現が直球ですがまさにセックスした様な気分になります。呼吸を整えティッシュでフキフキして復活したらもう一回戦したいかな、という感じですね。

[ 2016-03-20 ]

カテゴリ: 風俗体験談